歪んでない人なんているの?

こんにちは。

すずき鍼灸接骨院でございます。

 

施術中に、患者さんとの会話で

体のゆがみや姿勢について聞かれることがよくあります。

 

体のゆがみが

腰や膝の痛み、肩こり、頭痛、生理痛を発症します!

などといった主張をあちこちでする同業者が多いので

患者さんも『そうなのかな?』って思っちゃうみたいです。

 

もちろんゆがみが少ない方が

重力が真っ直ぐ鉛直にかかりますから

体にかかる負荷は少ないと思います。

 

もしそうなれば

痛みやコリをまったく感じない身体を

手に入れることができるかもしれません。

 

しかし残念ながら

すべての骨がキレイに真っすぐで

まったくゆがみがない人なんて

今までレントゲン写真をたくさん見てきましたが

一人もいませんでした。

 

しかも

まあまあキレイに背骨は整っていて

ヘルニアなどの所見もみられないのに

痛くて仕方がないと言う人もいれば

 

骨も変形し軟骨も薄くなり

腰がくの字に曲がった人なのに

どこも痛くないとおっしゃる方もいます。

 

25年以上前ですが

私は埼玉県で修行していた時があります。

 

そこには農業を営んでおられるおじいちゃんやおばあちゃんが

よく患者さんとしていらしてくれていました。

 

農業をされている高齢者の方は

腰が曲がっている方が多かったです。

 

しかし中には

体がほぼ直角に曲がったまま

固まっているにもかかわらず

一度も腰痛になったことがないとおっしゃり

いつも膝の治療でいらしている

おじいちゃんがいました。

 

そのおじいちゃんのおかげで

身体が曲がっていても

骨が変形していても

必ずそこに痛みが出現するとは限らないんだ

ということを学びました。

 

無意識に足を組む時必ず上になる足は決まってませんか?

斜め掛けのバッグをかける方決まっていないですか?

写真を取る時カメラマンさんに頭の角度直されませんか?

 

ほとんどの方はどれかに該当すると思います。

10代や20代の若い方でもほとんどの方は該当すると思います。

もし一つでも該当するなら

身体がゆがんでいるということです。

(なぜこれで歪んでいると分かるのかは

患者さんにしか教えられませんが…)

 

でも

これに該当する皆さん全員が

肩こりや腰痛ではありません。

 

ということは

身体は必ずゆがんでいる。

でもゆがんだからといって

痛みには直結しないということになります。

 

それじゃあ

背骨や骨盤の矯正ってなんなの?

ってことになっちゃいますよね。

 

そもそも

人間の力で矯正したくらいで

簡単に骨なんてまっすぐになりませんよ。

 

それ以上の外力が人間にかかることがしょっちゅうあるのに

その都度骨は曲がりませんからね。

 

人間は骨以外に

筋肉・神経・血管・内蔵がありますから

痛みの原因を探り出すのに

30年治療家をやってきた私でも

本当に難しいと思っています。

 

関連記事

  1. 目の疲れに

  2. 駒込・巣鴨で四十肩・五十肩の治療ならすずき鍼灸接骨院へ

    四十肩・五十肩

  3. 腰椎分離症

  4. 五(四)十肩の治療法とホームケア

  5. 水泳肩(野球肩)の治療

  6. 学生の肩こり