上腕骨外側上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)

上腕骨外側上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)

前腕の筋肉を使いすぎることにより、微小断裂が生じてしまい機能障害が発症したもので、テニス・ゴルフ・バドミントン以外に手を多く使う作業でも多発します。

症状

  • テニス・ゴルフ時、雑巾を絞る・ほうきで掃く・順手で物を握り持ち上げるなどの動作で肘関節の外側が痛む。
  • 肘関節の熱感や手関節の脱力感が起こる。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)の治療内容

  • 血行促進を図る手技や物理療法を施します。
  • 再発を繰り返す事があるため、適正な運動方法や日常生活動作を指導し、予防に努めます。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)でお悩みの方

上腕骨外側上顆炎でお悩みの方、当院で症状は改善します。

上腕骨外側上顆炎の症状の程度で治療回数や治療期間が決まります。

先ずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 新米ママの手首の痛み

  2. 坐骨神経痛と病院で診断された方やこれが坐骨神経痛かな?と思っ…

  3. 駒込・巣鴨で四十肩・五十肩の治療ならすずき鍼灸接骨院へ

    四十肩・五十肩

  4. ぎっくり腰の治療について

  5. 肩甲骨の内側に痛み

  6. 肩こりについて