ぎっくり腰の治療について

こんにちはすずき鍼灸接骨院です。

 

11月も後半になると寒くなってきました。

 

私、特にたいした理由はないのですが、日が短いのも寒いのも

大嫌い

なんです。

さみしい気持ちになりません?

(でも、仕事中は元気に頑張ってます!)

 

話は突然変わりますが、

なぜか毎年12月になるとぎっくり腰の患者さんが多くなります。

 

大掃除で重いものを動かすからなのか⁇

1年のたまった疲れが出るからなのか⁇

 

私にもよくわかりませんが

流行ってるの?

と思いたくなるくらいたて続けにいらっしゃることもあります。

 

私も20代の時1度経験しました。

笑っちゃうくらい痛くて何もできなかった事を思い出します。

 

ぎっくり腰は何度もなってしまう方も多く、

毎年のようになるとおっしゃる患者さんも時々います。

 

重い荷物を持ち上げた時になってしまう時もあれば、

クシャミ程度のことでなってしまう時もあるから、

なかなか気を付けようがないです。

 

残念ながらなってしまったらまずは

アイシングです。

炎症をおこして熱をもっていますから

下痢をしていたり風邪でもひいていなければ

必ずで15分~20分程度痛い所を冷やしください。

 

歩けるのであれば連絡ください!

治療しましょう!

歩けないのであれば時々冷やしながら

おとなしく横になっていてください。

そのうち歩けるようになりますから。

アルコール✖

お風呂(温める)✖

マッサージ✖

です。

 

ど~しても嫌じゃなければ鍼治療しましょう!

効きますよ!

 

私の治療

「こんな姿勢で鍼をうたれたことない」

「こんな場所に鍼をしたことがない」

と患者さんに言われることあります。

 

詳しくは当院の患者さんしか知らない企業秘密ですが、

同じぎっくり腰でも症状はさまざまです。

 

前にまがらない、後ろに反れない、捻れない、などなど…

 

皆さん言うこと違います。

 

人間はたくさんの筋肉、たくさんの骨、たくさんの靭帯があります。

 

骨を痛めてしまったらぎっくり腰とは言いませんが、

それ以外のどこを痛めてしまったかによって

患者さんが治療を受けて頂く姿勢

鍼をうつ場所

鍼を入れる方向

を変えています。

 

風邪をひいて内科のお医者さんにかかると

熱、咳、のど、と症状によって違う薬がでますよね。

 

熱を下げるのに鼻水の薬を飲みません。

 

ぎっくり腰も同じで、色々な症状があるのに

全て同じ治療方法なはずがないのです。

 

毎回毎回、同じような治療を受けている方がもしいるなら

その治療法疑ったほうがいいです。

 

頭が痛いのに正露丸飲んでるようなことに

なっているかもしれませんよ。

 

関連記事

  1. テカリと毛穴の黒ずみ

  2. 110円を3ヶ月

  3. すじ違い

  4. スカイツリーに登りました。

  5. 嬉しい頂きもの!

  6. 坐骨神経痛

    坐骨神経痛