交通事故で負傷し、痛みでお悩みの方へ

交通事故

日本の交通事故の発生件数

平成28年に日本で起きてしまった、

交通事故の発生件数は49万39201件。

そのうち死者は3904人だそうです。

最近は減少傾向にあるようなのですが、

残念ながら1日約10人もの方が亡くなられているんですね…

実は私自身も交通事故経験があります

5年前に私も、車で信号待ちをしていた際、

後方から前方不注意のトラックに追突された事があり

首と腰を痛めた経験があります。

トラックとの追突事故
※写真はイメージです

当然、仕事を辞めて治療に専念できるわけはなく、

治療を継続させながら、仕事をしました。

交通事故症状の記憶

頸椎捻挫、いわゆるムチウチになると

首から肩や背中にかけての痛みはもちろんですが、

吐き気や頭痛が辛かった記憶があります。

 

腰を痛めると前傾姿勢や長時間連続で同じ姿勢をとった時など

たまらなく痛くなったり、寝返りも困難な状態でした。

自身の経験を治療に生かす

この経験から交通事故で自賠責保険をつかって来院される患者さんの

気持ちがわかるようになり、あの辛い体験も無駄ではなかったのかなと

最近は思えるようになりました。

 

接骨院、鍼灸院=事故治療

 

と結び付かない方も多いとおもいますが、

病院以外に接骨院や鍼灸院で自賠責保険をつかって治療することが可能です。

(整体院やリラクゼーションサロンでは自賠責保険は使えません。)

 

実際、私が診させて頂く患者さんのほとんどが

整形外科等に通院しながら当院にも通っていただいております。

 

当院では、電気治療や罨法(温めたり冷やしたりすること)はもちろん

痛めて硬くなってしまった筋肉をマッサージでほぐしたり

必要性を保険会社さんに認めてもらえれば鍼治療を施すこともしています。

 

なかなかすぐに結果を出すことは困難ですが、

治療を継続していけば、かなり症状が改善していきます。

 

経験上、むち打ち症等の辛さをよく理解しているつもりですので、

交通事故にあわれた患者さんは是非ご相談ください。

 

関連記事

  1. 無意識にとる姿勢が治療の参考になっている

  2. 接骨院・鍼灸院の外観

  3. スカイツリーに登りました。

  4. ぎっくり腰の治療について

  5. 健康保険組合からの回答書

  6. 腰椎分離症