足首の捻挫をなめてはいけません!

こんにちは。すずき鍼灸接骨院です。

今回は足首の捻挫について書かせてください。

 

私も治療家になる前はそうだったのですが、

骨折=重症

ねんざ=軽傷

という判断をしてしまいませんか?

 

確かに骨折は重症なのかもしれませんが、

たとえ捻挫であっても、治るまでに何ヶ月も要する場合があり、

半年以上治らないという相談を受けることも稀ではありません。

 

そういう患者さんにお話しを伺うとたいていの方は

「病院で骨は大丈夫と言われたから」とか

「リハビリはなにもしていない」

のような答えが返ってきます。

 

捻挫というのは、ただ骨の損傷がないだけで

靭帯、腱、筋肉、関節包等は傷ついたり伸びたりして損傷しています。

だからこそ腫れ上がったり内出血したりするのですが、

軽くみている方が多いなぁという感想です。

 

そして残念ながら一度痛めてしまった靭帯は、どんなに素晴らしい

治療を受けたとしても完全に元通りに戻ることはありませんので、

放っておけば必ず関節にゆるみが生じてきます。

 

それが後々捻挫グセのようなものになったり、足首のゆるみを

他でカバーして違う部位を痛めてしまうということにつながっていくのです。

 

ですから、腫れがひいたからとか痛みがなくなってきたからぐらいで

中途半端に治療をやめたりすると、サポーターやテーピングが

ずっと手放せない生活になってしまう原因にもなりかねません。

 

伸びてしまったり切れてしまった靭帯は、ある程度までしか戻せませんが、

関節周辺の筋肉等の軟部組織を治療→リハビリしていく事によって関節の

機能を回復させていくことは可能です。

 

以前にやった捻挫の痛みがなかなか消えないという方や、

どうやってリハビリをしたら良いのか分からない方も

手遅れではありませんので、是非当院までご相談ください。

 

 

 

関連記事

  1. 完全指名制です!

  2. 接骨院開院まであと2日!

  3. ストレス・疲労は万病のもと⁉

  4. 温活エクササイズ!

  5. 五十(四十)肩なのか⁇

  6. 生理痛緩和はお腹と腰にお灸!