新米ママの手首の痛み

こんにちはすずき鍼灸接骨院です。

 

意外と多い産後ママの手首の痛み。

 

いわゆる

 

腱鞘炎(ドケルバン病)

 

といわれる厄介なやつですよ!

 

ひどい方だとじっとしていてもズキズキズキズキ

 

手を使わないわけにはいかないからかわいそうです。

 

原因は産後のホルモンが関係あるんじゃないかと言われていますが…

どうなんでしょう⁇

 

「母乳に影響しそうだから、薬飲んだり注射打ちたくない!」

 

という理由で

当院にも時々腱鞘炎になってしまった新米ママさん来てくださいます。

 

私は腱鞘炎には鍼治療をオススメしています。

なぜなら、鍼治療には炎症を抑える効果があるという事と

手首の周辺は痛みの原因となる腱や筋肉が細いので、鍼であれば

的確かつ容易にそれらを狙いやすいというメリットがあるためです。

 

もちろん鍼は使い捨てなので、感染症の心配はありません。

薬は治療前と後に皮膚を消毒する時のアルコールだけなので、

母乳になんら影響はありません。

 

ただ顔にうっても大丈夫なくらい細い鍼を使用するのですが、

残念ながら手首は他の部位に比べて敏感な部位なので、

鍼を刺す瞬間に少し痛みを感じてしまうかもしれません。

 

これは企業秘密なので、詳しくここには書けないのですが、

実は腱鞘炎になりやすい人は指の使い方に特徴があります。

それを改善するだけでも治るスピードが速まりますので

指や手の使い方を指導させて頂きながら治療を進めていきます。

 

とりあえず、腱鞘炎がお辛くてこのブログを読んで頂いている方に

まずはアイシングをオススメします。

保冷剤やアイスノン、湿布等がアイシングと思っている方が

多いですが、これらはアイシングとは言えません。

面倒くさいという理由で保冷剤やアイスノン等でアイシングを

してしまうと冷え方にむらが出来たり凍傷になってしまう原因になります。

 

アイシングはどこの部位を冷やす場合も同じで、

ビニール袋(もしくは氷嚢)に氷を入れ10分~15分は冷やすようにしてください。

冷やすタイミングは手をたくさん使った直後が良いですが、

忙しくてなかなかできない場合は就寝前が良いと思います。

痛みが激しい時は時間を作って1日に何回も冷やしましょう。

 

新米ママが赤ちゃん連れて治療に来てくれる事も多々あります。

僕が治療とベビーシッター両方してます。

泣かれることもありますが…

他の患者さんと予約がかぶらないようにしているので

気兼ねなく大きな声で泣いてもらって大丈夫です!

 

子育ても忙しいのに、手首が痛くてどうしたらいいのか困っているという方は

ぜひ一度すずき鍼灸接骨院に相談してみてください。

関連記事

  1. 交通事故

    交通事故で負傷し、痛みでお悩みの方へ

  2. 駒込・巣鴨で産後の骨盤矯正

    産後の骨盤矯正

  3. うれしい報告!!

  4. 五十(四十)肩なのか⁇

  5. 医療費控除

  6. 非常に残念なニュース…