やっちまいました~

こんにちは。

すずき鍼灸接骨院でございます。

 

先日、暇な時間があったので

ブルガリアンスクワットってやつを

いきなりやってみちゃったんです。

(↓これがブルガリアンスクワットです。お尻や太もものトレーニングになります。)

トレーニング直後はぜんぜんなんともなかったんですよね~

でも、夜中になったらズキズキズキズキ

熱をもってしまったのか、寝ていられません。

「股関節が崩壊した!」

なんて思いながら

真夜中なのに痛い足を引きずって

冷蔵庫に氷を取りに行き

氷のうでアイシングしながら寝るという惨事…

 

イケてるオヤジはヒップアップだな!

尻トレだ!

始めた動機が不純だったのか

フォームが正しくなかったのか

よく分かりませんが

翌日が休診日だったのがせめてもの救いでした。

 

筋肉ムキムキおにいさんのYouTubeで

正しいフォームをレクチャーしてもらったつもりだったんですけど…

 

普段なら患者さんに「急にそんなことやるからですよ~」

なんて、偉そうなこと言っちゃってますよ。

 

痛かったのがちょうど休診日だったこともあり

自分で股関節周辺に鍼をしてみました。

(お目汚しではありますが、↑自分で撮りました。)

もう少し広い範囲にたくさんうちたかったのですが

横向きで寝ながらうったので

上手く後ろにまで手がまわらず

こんな下手くそな鍼になってしまいました。

 

下手くそなりにでも

損傷箇所に命中したのか

私が単純で鍼が効きやすいのか

翌日にはかなり楽になりました!

 

鍼をうつときは、両手を使うので

今まで顔とか膝から下くらいしか

自分の体にうったことがなかったのですが

股関節の外側も

なかなか気持ちがいいものです。

 

股関節外側には中殿筋や小殿筋という筋肉もあり

腰痛や坐骨神経痛の患者さんのほとんどが

痛みやこりを訴える場所でもあるので

治療時には、必ずアプローチしています。

 

なので、股関節は毎日のように

患者さんにはうっていたのですが

自分にうたれたのは

5年くらい前ギックリ腰になった時に

鍼をうたれて以来なので

今回のけがのお陰で、忘れていた感覚を

思い出しました。

 

関連記事

  1. 外反母趾とハイヒール

  2. ぺシぺシの効果。

  3. ギックリ腰の患者さんに腸腰筋を狙い撃ち

  4. 首の矯正

    当院の背骨・骨盤矯正

  5. 腰ってどこからどこまで?

  6. 雪ですね。