ご参考までに

こんにちは。すずき鍼灸接骨院です。

 

2020年も残りわずか

今年は、くそコロナおかげで

あっという間に過ぎてしまいました。

今のところ、患者さんを含めて

私の身近に感染者は出ていませんが、

毎日毎日「次は俺かな?」なんて思いながら

生活するのもいい加減に疲れちゃいました…

 

しかし、イギリスやアメリカで

待望のワクチン接種が始まりましたね!

どうなんでしょう⁇

良い結果が出てくれることを祈ると同時に、

ワクチン開発してくださった、頭の良い方に感謝です。

 

さて、この頃すっかり日照時間も短くて寒くなりました。

私を含め何がなんでも今シーズンだけは

絶対に風邪をひきたくない方が非常に多いと思います。

 

東洋医学では

風邪の入り口は背中

と言われていて

特に背中の上部あたりに

風門(ふうもん)

とういうツボがあり

その名の通り風邪の門とされ

鍼やお灸をすえて

風邪予防の治療に使われます。

風邪のひきはじめに

風門のあたりにゾクゾクと悪寒がするのも

関係性があると思われています。

 

(↓患者さんの背中をお借りして風門にシールを貼ってみました。)

 

私は治療の際にこのツボをよく使うのですが、

風邪予防はもちろん

肩こり、頚椎症、背部痛、呼吸器疾患、自律神経の乱れなどにも

効果的なツボです。

 

寒い日や免疫力が落ちやすい疲れ気味の時は、

風門のあたりにカイロを貼って温めることで、

風邪の侵入を防げるかもしれませんし

さらに、背中を温める事で

全身に温まった「気」が流れると言われています。

今、インターネットや薬局でお灸が手に入るので

直接すえてみるのもオススメです。

(火を使わない無煙のお灸もあります。)

 

背中を温めると風邪予防だけでなく肺の機能も高めてくれます。

コロナウイルスは肺炎を起こさせてしまうので

ひょっとしたら多少コロナ対策になるかもしれませんよね。

 

これからどんどん寒くなり

新型コロナウイルス感染もどうなっていくのか心配です。

手洗い、うがい、アルコール消毒は皆さん必ず

やっているでしょうから

免疫力アップの参考して頂ければと思います。

 

関連記事

  1. ぎっくり腰の治療について

  2. おかげさまで3周年

  3. シワ対策!