110円を3ヶ月

こんにちはすずき鍼灸接骨院です。

 

今回のブログはある80代女性お話です。

 

今からおよそ半年前

この女性の左脚に突然激痛が走りはじめました。

すぐに近所の整形外科に駆け込み

お医者さんに告げられた病名は

『坐骨神経痛』

とのことでした。

 

そして先生に言われた通りに

翌日から電気治療に通うようになりました。

 

しかし…

激痛がいっこうにとれないまま

1ヵ月が経ち

2ヶ月が経ち

3ヶ月が経ちました。

 

先生から言われた通り毎日のように通院しているのに…

3ヶ月前から症状にまったく変化はありません。

 

トイレに座るのも激痛

下の物を拾おうとかがむと激痛

激痛がはしると立っていられない為しゃがみ込んでしまいます。

まともに掃除機もかけられません。

こんな状態が3ヶ月もずっと続いていたため

頭の中は四六時中痛みの事ばかり考えていたとのことでした。

 

ついに、こんな事では埒が明かないと思い

以前から気になっていた鍼を受けてみようかと

娘さんに相談してみたところ

早速、娘さんが予約を入れてくれ

生まれて初めての鍼治療を受けることになりました。

 

初めての鍼はドキドキで非常に緊張したそうです。

 

しかし、刺した瞬間に少しチクッとするくらいで

まったく苦にならない程度でした。

初めての鍼治療も無事終了し

3~4日経った頃でした。

 

痛みが少し軽減しているではありませんか!

 

なんと

 

トイレに座るのが楽になっていたのです。

 

治療の間隔は週に1度でいいということだったので

一週間後にも鍼治療を受けに行き

またその一週間後にも治療を受けました。

 

すると

 

声をあげるほど痛かった神経痛が

およそ3回の治療で

激痛がはしらなくなったのです。

 

鍼治療をはじめて3ヶ月経った今は

すねのあたりに若干のしびれが残るものの

トイレも問題ありません

下の物を拾う事もでき

体操教室にも行けるほど回復しています。

 

実はこの方

 

私の患者さんです。

 

 

私が何を言いたいのかわかりますか?

 

 

俺の治療はすごいんだぞ!

 

 

って自慢したいわけではありません。

 

症状にもよりますが

3回~4回の鍼治療で症状が軽減する事なんか

なにも珍しいことではありません。

私じゃなくてもできる先生はいます。

 

この患者さんは非常に真面目な方なので

整形外科の先生に言われた通り

毎日毎日通院したそうです。

 

いつかは治るだろう

 

ずーっと思っていたそうです。

 

整形外科での治療は10分間電気を腰にあてるのみ。

 

座ってあてると痛くなってしまうので

立ったまま電気をかけていたそうです。

 

しかも、患者さん本人がセットして

スタートボタンを押すというから

驚きました。

 

電気治療に通った3ヶ月のうち

お医者さんの顔をみたのは

初診の時以外1度だけ

しかも坐骨神経痛とは関係ない薬をもらうためだったそうです。

 

 

1回の治療費は110円。

この方、後期高齢者で1割負担だということですから

整形外科には1回1100円が入る計算になります。

 

お医者さんの顔も見ずに10分間電気治療を受けるだけです。

 

治療機器の名前も聞きましたが

特に珍しくない

一般的に出回っている治療器です。

それだけで1100円もらえちゃうんですから

ボロい商売ですね。

 

患者さんの負担が110円ですから

残りの990円は医療費から支払われます。

仮に月に20日通院したとしたら

990円×20日=19800円

19800円×3ヶ月=59400円

 

これ税金です。

 

このお医者さん

何のためにこんなに通院させたのでしょうか?

本当に辛い患者さんを前にして

どうすれば治るのかすらも考えていない。

自分で治せないくせに

他のお医者さんに診てもらおうともしていない。

 

はっきり言って

 

税金の無駄遣い。

 

この患者さんが言うには

毎日のように電気をかけにくるかたは

他にもたくさんいらっしゃったそうです。

 

おそらく日本中のあちこちで

たいした効果もないような治療を毎日毎日

健康保険でやっている病院や整骨院が

あると思うとゾッとします。

 

世の中には

難病に苦しんでいる方や

高額な薬を飲まなければいけない人もいるというのに…

 

健康保険って何のために使うべきものなのでしょう?

 

現在この患者さん当院に

健康保険は使わず1回5180円を支払って

週に1度通院してくださっています。

 

私はそろそろ2週間に1度の治療でもいいかな?

と思っているのですが

間をあけるのは怖いとおっしゃるので

週に1度来てくださっています。

 

現在経過はすこぶる順調です。

 

95%よくなったと言ってくださいます。

 

治療にきてくださるたびにおっしゃいます。

 

「あの3ヶ月はなんだったんだろう…」

 

「もっと早く鍼しておけばよかった…」

 

本当に3ヶ月間が辛かったそうです。

 

時間とお金が無駄になりました。

 

現在、赤字で解散した健康保険組合が

どんどん出てきているのに

残念ながらこんな事が許されている間は

健康保険制度自体の崩壊も近いかもしれませんよね…

 

私も健康保険制度を取り扱う身として

色々考えさせられる出来事でした。

 

関連記事

  1. 年末はぎっくり腰に注意!

  2. メリークリスマス!

  3. テカリと毛穴の黒ずみ

  4. 雪ですね。

  5. 鍼?整体?マッサージ?どれがいいの?

  6. ぎっくり腰の治療について